ヘアサイクルの仕組みを知りたい

薄毛で悩んでいる人は多いですが、その際に気になっている人が多いのが髪の毛が生えたり抜けたりするヘアサイクルではないでしょうか。

ヘアサイクルには成長期と退行期と休止期があり、それぞれ巡り巡って回っているのがヘアサイクルになります。

成長期は毛が製造されている状態です。毛細血管から栄養を取り入れて、毛母細胞が分裂を繰り返し毛髪になっていくという非常にありがたい時期になります。

退行期は毛髪分裂が衰えてきて、髪が伸びにくくなるのが退行期です。この時期が増えてくると薄毛が進行するようにってしまうので注意が必要です。

休止期は細胞分裂が完全にストップして、髪が伸びなくなります。休止期を迎えた毛は一切伸びなくなり、下から新しく成長期を迎えて生えてくる毛が昔の毛を押し上げて抜け毛として排水溝に流れていくという感じになります。

休止期が長くなると髪の毛がどんどん少なくなっていくと言うのがわかるのではないでしょうか。

ヘアサイクルが人間の一生のうちに15回ほど行われるみたいで、そう考えるとヘアサイクル思ったよりも少ないと感じた人も多いのではないでしょうか。

何となくヘアサイクルは年間単位くらいで行われているようにかんじますが実際には違うんですよね。精力剤ランキング