任意整理をすると住宅ローンが通らない

債務整理で一番頻繁に行われている方法が任意整理ですが、その際に住宅ローンがとおるのかどうかになっている人は多いのではないでしょうか。

任意整理は毎月無理のない金額に分割して返済しやすくするものになっており、債務整理では非常に有名な手法になります。

とは言ってもデメリットもあり、任意整理を行うと、5年程度は信用情報機関に事故情報として登録されるようになってしまって、クレジットカードやローンが組めないというデメリットが生じます。

そうなると将来住宅ローンが組めないのではないかと不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

ただ実際にはそんなことは全くありません。

信用情報事故己登録については5年から7年くらいで解除されるので、審査の厳しい住宅金融支援機構の住宅ローンの場合でも任意整理した後5年以上経過していれば、フラット35などの審査も問題なく通すことが可能です。

そう考えるとそこまで任意整理をすると住宅ローンが通らなくなると言うのはうそだということが理解できると思います。

借金返済で困っているなら早めに任意整理をして借金を整理してしまったほうが今後のためです。

悩んでいるなら早めにお金の問題を解決してスッキリしてはどうでしょうか。多汗症原因