妊活をする際には不妊検査を行うことになります。

不妊検査と聞くと女性が行うものだと思っている男性も多いですが、不妊検査はしっかりと男性も行う必要があります。

ただ妊娠するのが女性である以上、妊活や不妊治療は、どうしても女性が主導することは珍しいことではないです。

とは言っても実際には不妊の原因は半数近くが男性が原因になっていることもあるので、女性が不妊の原因である場合が特別多いということでもないんですけどね。

不妊の原因が男女でほぼ半々ということだと、女性だけが不妊検査を受けても意味がないんですよね。

当然ですよね。女性だけが不妊検査を受けても、半数近くの原因がある男性のほうが検査を受けないと、しっかりとした不妊治療は受けられないですからね。

ただ実際には不妊治療の検査を男女で受けているカップルは意外と多くないんですよね。

女性だけが不妊検査を受け、男性は後から精液検査を受けたというケースが結構多いです。

検査では意外と精子検査で異常があったというケースは珍しくないです。

不妊治療で男性が不妊検査を受けないとそれだけ妊活が遅れる原因にもなるのでしっかりと男女で不妊検査を受けるようにすることが大事になってきます。詳細はこちら